(紙上対談)新刊『風をとらえ、沖へ出よ』の訳者に聞く

 2017-02-23

th_RGB_cover01_obi_2.jpg

今年1月に発行されたチャールズ・リングマ著『風をとらえ、沖へ出よ』。
書評が「キリスト新聞」、雑誌「ミニストリー」に掲載されました。
そこで訳者の深谷氏に、紙上インタビューということで、いくつかの質問に答えていただきました。本書を読む上で、参考にしていただけたら幸いです。

 訳 者:深谷有基(フリーランス編集者、執筆者)

インタビュー:小渕春夫(あめんどう)

 

はじめに

——完成した本を目の前に、いまどんなお気持ちですか?

深谷 ようやく「出帆」したな、と。もっとこなれた訳にしたかったですが、それではいつまでも出ないので、あとは読者の皆さんに補っていただき、議論のきっかけになればと思います。この本が著者も驚く形で日本語訳になったように、この日本語訳が訳者も驚く形で沖へ出て航海を進めていくことに期待しています。

 

——訳者としてはカタカナをできるだけ避けたい気持ちがあったと思いますが、「オルタナティブ」「エンパワーメント」「インフォーマル」「ミニストリー」などあえてカタカナのままにしたようですね。そのへんの苦労はいかがでしたか?

 

深谷 非常にもどかしかったです。辞書的に訳すともう一つの意味が抜け落ちてしまうとか、あるいは日本語だと違うイメージになってしまうということがあり、かといって補足していくとまどろっこしくなってしまうし。

 

どうしたらしっくりした日本語になるのか、ここはひとつ読者の皆さんにもご一緒にウンウン悩んでもらいたいです。それ自体が、「文脈化」の作業だと思うので。あるいは、翻訳を超えて、すでにある日本語のなかでもっと相応しい言葉に置き換えてもらえれば、なおよいかもしれません。

  

著者について

——リージェントカレッジでリングマさんの授業を受けたそうですが、どんなお人柄ですか?

 

深谷 私は彼のサマーコースしか受講していないので、お人柄をそこまで深く知らないのですが、わりとひょうひょうとした人だなと思っていました。あとはとにかくスタイリッシュで、こういう風に歳をとりたいなと思いました。

 

むしろ、翻訳作業のなかで、彼の人柄を知ったという感じです。この本を読めば、彼の人となりが多少なりとも、うかがい知れるのではないでしょうか。

 

本書の推薦文を書いてくださったジェームス・フーストン先生から教えてもらったのですが、リングマの家族はナチス占領下のオランダで地下に潜ってレジスタンス運動をしていたとのことです。それを知って、本書にあふれている彼の反骨精神について妙に納得しました。

 

本書の特徴
——詳しく書いたら専門書並みの厚い本になってしまうところを、簡潔に、わかりやすくまとめられています。過去のさまざまな神学者の意見、世界の共同体形成の多様な取り組みの姿も垣間見ることができます。日本にいると、なかなかわからないことばかりです。

 

深谷 本書がユニークなのは、抽象的な「教会論」を限りなく排しているところですね。その代わりに、教会内ではこれまでほとんど考慮されてこなかった社会科学的な視点で、しかも一般向けに共同体を見直してみようというわけです。これは西洋キリスト教界のなかでも希有な視点だと思います。日本にいるから、わからないという話ではないと思っています。

 

 ——現代人をとりまく文脈をよく理解し、その必要に応えることに関して、教会は社会に遅れをとっているのではないかという危機感も述べられていると思いますが。

 

深谷 これは日本のキリスト教史とも関係するでしょうが、そういう事態に陥る背景として、教会の使命を福音宣教か社会運動かの二者択一で捉えてしまうという問題があるのではないかと思います。どうしたら教会はそのような不毛な議論から抜け出し、時代や社会にさきがける変革の旗手となれるのか。リングマが指摘するように、聖書やキリスト教史の読み直しがどうしても不可欠だと思います。

 

——既存の形に不満を抱いてオルタナティブなあり方を求めても、やがてそれも形式化しうる。どんな形であろうと、その中心に何があるかが重要であり問われる、というのが本書の主眼だと思います。

深谷 この本が翻訳に値すると思ったのも、まさにその点です。リングマがリージェントの講義でも言っていた印象的な問いがあります。教会は“center-centered”(中心とすべきを中心とした)になっているか “marginal-centered”(周辺的なことを中心とした)になっているか、というものです。私たちは前者を自認していながら、ふと気づけば後者になっていることが多い。いや気づかないことのほうが多いでしょう。それを自覚することってじつはすごい難しいし、痛みを伴うことだと思います。「預言者」が迫害されるのもそのためでしょう。人間がつくるいかなる集団も正統化・正当化しえない、と常に確認しつづけるしかないんでしょうけれども、これがなかなか……。


本書で使われている用語について

——いくつかのキーワードが出てきますが、そのなかからいくつか短く説明していただけませんか。

 

教会員の疎外とは教会組織の自己存続が優先され、肝心のメンバーの課題や、すでにそれぞれがしている「ミニストリー」が置き去りにされてしまうという本末転倒(すでにパウロがさんざん手紙で怒っていることですが)。

 

庇護体制とは「あなたは私の庇護が必要だ」という大義のもと、人々に権力と責任を付与せず、いつまでも従属させておこうとする体制。教会は霊的にもこうした力関係を迫るので、なおさらやっかい。

 

意図的共同体——Intentional communityという用語そのまま辞書的に訳しているのですが、そもそも共同体は意図的に形成するものではないのかと思われるかもしれません。たしかにそうなのですが、やはり気づけばそうでなくなってしまうのが人間集団の性質かもしれません。まさにパウロが第一コリント書、とくに12章で教会共同体を「からだ」にたとえて提起している問題です。実際の、とくに経済面も含む日常生活において、「一つのからだ」であるか、と自覚的に、定期的に確認し合うことを前提にした共同体と言えばよいでしょうか。



真のチャレンジとは

——さて、深谷さんは東日本大震災の復興支援の働きもされたそうですね。そこから見えた、地域に開かれた教会のあり方など教えられたことがありましたら、少しお話ください。

 

深谷 こちら側の都合である狭義の「宣教」を優先させてはいけない、ということでしょうか。地域の町内会や福祉行政、NPOなどとも連携して、まず教会が置かれている地域の現状と必要をよく理解することが決定的に大事だと思いました。そもそも教会員も地域に暮らす人々ですから、その人たちにまず聞くだけでもぜんぜん違うでしょう。その上で、地域の人々と信頼関係を築くことができれば、自ずと使命は見えてくるはずです。ですが、真のチャレンジは、そこに留まらず、その使命のために自らのあり方を「具体的に」変える信仰を持てるかどうか。それがまさにリングマの提起するチャレンジでもあるかと思います。

 

今日は、貴重なお話し、ありがとうございました。

カテゴリ :本の紹介 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

読書会『「日本」とは何か』(網野善彦著)

 2012-07-25
その他


「日本」とは何か 日本の歴史00 (講談社学術文庫)

 ある仲間(7人)と二ヶ月に一回、読書会をしています。今回は上の本を選びました。担当は私でした。
参加者全員とても面白く読み、古くて新しいことを教えられました。
 著者の網野善彦氏は、数年前亡くなったばかりですが、大変尊敬され、その著作にもファンが多い、現代の代表的な日本史家です。
 私はこれまで読んだことがなかったのですが、その御高名は友人から聞いていました。

網野善彦(Wikipedia)

 昔の用語、地名、制度名など、あまり親しんでいない漢字用語、漢文が資料的によく出てきて、果たして最後まで読み切れるかと心配しましたが、なんとか読み切りました。
 日本に暮らしながら、ほんとに日本について知らない(思い込み、誤解がある)ことが分かりました。

 以下、読書会用のメモ書きですが、自分の記録用としてアップ。網野氏の主張のいくつかのまとめ。
 宮崎駿監督も愛読しているようで『もののけ姫』の時代設定、登場人物に大いに彼の著作を参考にしたようです。


私たちの抱く「日本、日本人、日本国」の概念は、近代の国家政策、歴史観の影響を強く受けていて、歴史的事実に基づいた理解に乏しい。古事記、日本書紀など、かつての権力者が意図的に用いて国民を教育した神話、それにまつわる物語からくる概念が、いまも根強く残っているという主張に貫かれた最晩年の著作。

 歴史学者や教科書の記述を含め、一般に普及している日本の歴史観、そこに登場する人々、解釈、理解、概念は、近代思想である「進歩史観、マルクス主義、皇国史観、国家主義、ヨーロッパ中心史観、生産重視、農本主義」の影響を強く受けている。これは近代歴史学の欠陥と言える。

 本書に引用された言葉
 「戦後歴史学は」「すべてを国民国家・国民経済・国民文化、つまりはナショナルの枠組みに収斂させてしまう近代歴史学の歴史意識から脱することができなかったばかりか、むしろそれを格段に強める結果を生んだ」二宮宏之『戦後歴史学再考』
 注意してほしいのは、戦前、戦中のことでなく、戦後の歴史学についての指摘なんですね、これが。

「事実を追求せず、神話、物語などで単一なイメージが作られ、日本、日本人、日本文化が論じられてきた。」(p.333)

 例えば次ぎのような誤解が根深くある。

1)「孤立した島国」という誤解
  実際は、日本海を内海として、四方、八方の外国との交流が昔から盛んだった。
  済州島からの人の流れ 韓国、大陸からの人、文化、文物の交流があった。

2)「単一民族」という誤解
  沖縄 小笠原 戦後の在日 アイヌ ウィルタ(樺太の先住民族 オロッコ)
  ニブヒ(アムール川流域に住むモンゴロイド先住民)熊襲 えみし 渡来人等が混在して、日本人が構成されている。
  東北 北海道 沖縄は、長い間、日本国に属さなかった歴史がある。 
  紀元前三、四世紀、北東アジア系の弥生人が移入しきた。7世紀までの千年に数十万~120万人以上と指摘する学者がいる。

3)「単一な文化」という誤解
  地域、民族が多様で単一でない伝統、意識、言語、個性的社会集団が存在する。
  今も感じる「東国、西国」の違いがある。鎌倉幕府の成立でさらに東西の異なる性質を持つ社会が作られた経緯がある。

4)「かつて日本の住人は貧しい農民がほとんど」という誤解
  被差別民 海民 山人 女性 老人 子どもなど、様々な人々の生活が歴史研究で無視されてきた。
  さまざまな生業があり、大きな影響を与えていたが、あまり顧みられてこなかった。
  大工 船大工 紺屋 鍛冶 瓦屋 石工 酒屋 木挽 左官 屋根師 綿打 畳屋 合薬店 社家 医師 山伏 漁民 材木商 僧侶 神官 髪結 提灯張 茶屋 桶屋 回船問屋 布売り 炭売り 蒔絵師 博労 銅細工 相撲 鏡磨き等のさまざまな職能民  

5)「日本」という国名への無知
  「日本」とは、列島の住人の中で、京都、奈良、大阪などの五畿に住む古代の人々をルーツとする「大和民族」を中心にした視点から国名とした経緯がある。その王の称号として「天皇」を採用した「王朝名」が「日本」であった。7世紀末に成立し、それ以前は国名がなかった。
  国名が成立する以前の弥生人、縄文人、各地域に住む先住民、渡来人をみな、「日本人」と呼んでしまう曖昧さがある。それは学問の場でも、政治の場でも、歴史教育においても、ほどんと考慮されてこなかった。

6)「稲作中心の瑞穂の国」という誤解
  日本と米という結びつきは、他にもたくさんの農作物を作っていた農業という姿をゆがめた。歴史的に東日本では、最近まであまり米は作られていなかった。これは政治的キャンペーンによって普及した概念でもあった。
 
7)「農業=百姓=貧農」という誤解
 歴史が、農業、工業の面ばかりで記述され、理解されてきた。山、野、川、海での生業、その産物の加工業、商業、流通業の研究が最近まで欠如している。「百姓」と分類される中に、豪商と言える裕福な人々、資本家もいた。
 「百姓」はもともと農業をするを指してはいなかった。さまざまな職種を持つ一般人のことだっだ。それが中世以降、徐々に農業を営む人に当てはめて権力者が分類するようになり、ついには蔑称にもなっってしまった。


 以上のほかに、さまざまな指摘があったが、とくに古代から中世にかけての歴史の理解、学説の捉え直しの分野で網野氏は大きな貢献をしてきた。

 とくに興味深かったのは、日本をフォッサマグナの中央で東西に分け、東西の社会的、文化的違いの歴史的な解説。「ああ、そうだったのか。だからこちらの意図が通じにくかったのかもしれない」と驚きの気づきをした読書会メンバーもいた。

  「江戸時代までは東国と西国の区分が制度的、社会的に区分できる。」(P.343)

 それは現在まで尾を引いていると言える。

 網野歴史学は、膨大な内容があり、まだまだ知らないし、興味もつきない。

 以下の本も、個人的に読んでみたいリストだ。日本の少数民族や非差別民についての研究も興味深い。
 日本の歴史を古代にさかのぼって捉え直す、日本史におけるN.T.ライトのような存在ではないかと思えてきた。

その他


日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)


東と西の語る日本の歴史 (講談社学術文庫)


無縁・公界・楽―日本中世の自由と平和 (平凡社ライブラリー (150))


カテゴリ :本の紹介 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

一般雑誌が「聖書」を紹介

 2011-02-22
th_th_IMG_1131.jpgth_th_IMG_1132.jpg


 昨年から、一般雑誌が、キリスト教の特集を組んで、かなりな売れ行きらしいことが話題になっています。今朝の、朝日新聞にも取り上げられました。

日経おとなの OFF (オフ) 2011年 03月号 [雑誌]日経おとなの OFF (オフ) 2011年 03月号 [雑誌]
日経おとなのOFF

日経BP社 2011-02-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回の『日経おとなのOFF』は、キリスト教というより「聖書入門」ということで、ちょっと違った角度から紹介。私たちにはなじみの内容ですが、聖書の成立、聖書の内容、イエスの生涯などが、見やすくレイアウトされ、図版も適度で、なかなかいいと思いました。(写真は、同雑誌の目次と特集の先頭頁)

 内容はざっと見ただけですが、詳し過ぎない穏健な内容で、もしかして教会の中高生向けの教材にもなるのではと思いました。

 面白いのは、ポップスの歌詞と聖書の内容との関連。

 ビートルズの「レット・イット・ビー」、マドンナの「ナッシング・フェイルズ」、ボブ・ディラン「風に吹かれて」などの背景に、キリスト教的な価値観が色濃くあるのに日本人は分からない、ということ。

 とくにビートルズの歌は、「生きづまっても、人生を積極的、肯定的に生きていくという意志」がテーマであって、「なるようになれ」という、投げやりで厭世的な心情を歌っているのではないと、齋藤かおる氏(青山学院大講師)が解説しています。

 こうした聖書とのつながりが見えないと、歌詞を暗記してしまうくらい超有名な曲も、日本人は誤解してしまうということですね。なるほど、と思いました。

 まだ隅々にまで目を通してませんが、一般的な資料としてプレゼントしたり、この雑誌を使っての入門的な学びができるのでは、と思いました。(いまのうちに手に入れる必要がありますが。)

 


カテゴリ :本の紹介 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

藤掛明著『雨降りの心理学』を読んで

 2010-12-27
4889780947雨降りの心理学―雨が心を動かすとき
藤掛 明
燃焼社 2010-07

by G-Tools

 たまに外国から帰国するとき、成田の上空にさしかかると曇り空であることが多く、先日まで過ごした大陸のすっきりした天気が懐かしくなる。しかしあらためて自分が、曇りと雨の多い風土に生まれ育ったことを再確認する。

 藤掛明著『雨降りの心理学』というユニークな本を手にとった。(かなり前に読了したが、今やっとブログに。すでに読者感想がいくつかブログで読めるので、私は総論的に書くことにする)。
 著者は、心の病の改善、回復を援助する臨床心理学を専門としており、またその経験や学識を次世代に伝える教育に携わっている。臨床とは、つねに現実的な問題を抱えた生身の人間の心の秘密とつきあう現場だ。そのため、情報の守秘義務があるので、こうした現代文学に現れた人間像を解説して、その本質を私たちに伝えようとしている。

雨と人間の心模様
 この手法は、著者が言及しているように河合隼雄が先駆者だろうが、本書の独創的なところは、数多くの小説から「雨降り」の場面を選び、登場人物と雨との遭遇を通して、その心の綾を読み取ってくれる点だ。雨は身近で、自然で、珍しくない、しかし、そこから入ることで、人間の心の現実と、ひるがえって文学作品を今までにない新たな目で見させてくれていると思う。また、日本の近代、現代小説をあまり読まず、敬遠していた私に、その価値を教えてくれる大変ありがたい入門書になった。

 私はこれまでの自分を、雨との関係で眺めたことはなく、感じてみることもしてこなかった。読者のほとんどが同じではないだろうか。それは私たちの「無意識」への態度と共通する。多種多様な人生模様が、まったくコンテキストが異なる小説が、雨という人間の操作の及ばない自然現象(一般恩寵---恵み)を通して共通の視点から見えてくるのが、私には驚きだった。ただ、その雨と人との出会いも、きわめて多種多用で、思わぬ展開によって道が開かれたり、閉ざされたり、翻弄されたり、幸いだったりする。そして、「なるほど、そうした見方もあるのか」という気づきを教えてくれる。そうならば、私の人生もまんざら捨てたものではないのではないか、と。

なんだかほっとする読後感
 本書は、押し付けがましくなく、すべてを語ろうとする過剰さもないおかげか、読後に豊かな余韻が残り、読者それぞれに、「果たして自分は?」と自己観察(自己を知る)の世界に導かれると思う。

 読み終わったとき、なぜかわからないが、静かな喜びと落ち着きが自分のうちに生まれた。それは、あらゆる人間は貴賎の別なく、また、どんな事件や出来事が起ころうと、たとえ苦難はあっても、それぞれに価値ある、統合された人生を生きることができる価値ある存在だという納得。
 あらゆる階層で生きる人々の人生に注がれる著者のまなざしが温かい。


 ところで、私はかつて親元の生活で、何度も傘を無くし、母を嘆かせた。だから今は出かけるとき、自分で空を見計って、多少の雨ならできるだけ傘を持たずに出る。天気予報はよっぽどでない限り調べない。強い雨であれば、しぶしぶ傘を持って出る。でも、傘を差すのは心地よい。ーーこれって何だろう。。
タグ :

複雑、多様なキリスト教会情報を知る

 2010-06-02
 この本は、ご存知の方も多いでしょう。
 ほんとにタイトルどおり役立ちます。

 知って役立つ『キリスト教大研究』 430頁 アマゾンでの読者評も参照。

 ふつう、教会のどれかに通い始めると、転勤、引っ越しでもない限り、ほぼ同じ場所に集い続けることになると思います。そこで、自然に他の多様な教会、教派の伝統に触れる機会は少なくなります。

 もちろん、関連月刊誌、新聞など、定期購読すればいろいろと視野も広がりますが、個人がそれをするとなると困難。

 著者の八木谷さんは信仰者でなく、第三者の立場で教会ウオッチング。そこで気づいた特徴、雰囲気、伝統、歴史なども、びっくりするくらい詳細に調べ、驚くくらい正確に記述していらっしゃいます。
 難解で詳しすぎるということもなく、文庫版ですから場所もとらない。キリスト教2000年の展望をざっと見ることができます。

 昨年発刊した業界誌『Ministry』は、なんと八木谷さんを執筆者に指定。
 自分では気づかない、他人が見て初めて気づく自分たちの特徴、言葉使い、行動形態。
 外にいる人の観察の助けを得て、自分の相対的な位置を知ることができます。

 中にあるたくさんのイラストが、かわいくて良いです。プッと思わず吹き出しそう。

 所有して何年もたち、いつも机脇に置いて重宝していますが、私が本書を通して初めて知ったのは、教派によって「十戒」の戒めの数え方が異なる!
 十個あるにして、どれを一つと数えるかの範囲が異なるんですね。

 面白いな~。こういうのが前から欲しかったです。
 こういう本を書くのは学者には無理だね。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫