スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アンドリュー・ワイエス展に行ってきました

 2008-12-08
 先週末、アンドリュー・ワイエスという、私の好きな画家の展覧会に行ってきました。いまもご存命のアメリカ人です。
 私は30年くらい前から心を引かれて注目してきたのですが、まとまった展覧会で原画を見たのは初めてでした。

 今回、仲間と連絡し合って、7-8人で、金曜日の午前中を狙って行きましたが、ほんとにすいていて、ゆっくり鑑賞することができました。今回は有名な作品より、地味な作品が多かったことにもよると思います。

 その特徴は、静けさにあると思います。人気のない、寂れた、絶え果てたというか、さっきまで人がいたような、いないような。。。と思わせる、しんとした風景。しかも、細密な素晴らしい技術による画筆。

 扱っている題材は身近なありふれた風景の一瞬です。しかもそれが永遠を映し出しているような、はかない一瞬のような、画家の目から捉えた現実。

 そこには、きわめて個人的な記憶も、親しい人への追憶もこめられているようで、なぜか心に響いてくるものがあります。感情の抑えられた落ち着き、なつかしさ、せつなさ。。。自分の人生でも、ふとながめたことのあるような世界がそこにあります。
 
 友人たちと行くといいですね。観賞後、それぞれの感想を分かち合って、さまさまな気づき、発見がそれぞれにあることを知って、小さな驚きでした。彼は小さいころから病弱だったそうです。そして、突然の事故で父を失ってから、作風が変わったのだとか。
 病弱だったのに、91歳の現在も御元気なご様子を館内の映像で見ました。

 昨晩、NHK教育で、特集番組があったのに見逃しました。残念。
 感動巨編『篤姫』を見ていて気づきませんでした(汗)。

スポンサーサイト
タグ :

不思議な彫刻展

 2008-08-25

 久しぶりの記事アップです。皆さんお元気ですか?

 冒頭にへんてこな写真をかかげて恐縮ですが、私の弟は彫刻家(石)として活動しています。今月、小品を集めた作品展示会があるというので、今日、仕事中に抜け出して見てきました。

 以前、一部を見ていたので、だいたい予想がつく内容かと思っていたのですが、最近の作品を、ここまでまとめて見たのは初めてだったので、その多様性に驚きました。

 そして、「最近は楽しんで作ることにした」ということで、遊び心いっぱいの石彫でした。古代生物がモチーフになっているようで、有機的、原始的な形を中心に、面白いものがたくさん並んでいました。
 用途はとくに考えて作っていないようですが、家の中に、庭に、オブジェとして置いて楽しむ、ということなんでしょうね。

 菌類とか、だんご虫とか、蟹、エビ、植物の発芽・・のような不思議な世界。
このような形に近づきたくない人や、「おっ」と、感じて近づいて、触ってみたいた人や、いろんな反応を呼び起こしそうな作品群です。

 私としては大変楽しみました。生物の原型のようなイメージで、見ていてなかなか飽きのこない、遊び心に溢れる作品だと思いました。

開催 日本橋高島屋 6階 美術工芸サロン
   明日の火曜日まで!

ほかに技術を生かして、銀の指輪のネット販売をしています。
「こういうの、買う人いるのかよ~!」と心配する兄です。 
アクセサリー Oの動物園
タグ :

河野通勢という洋画家

 2008-06-10
 先週の土曜日、知り合い方の紹介で知ったのですが、現在、渋谷で行なわれている洋画家、河野通勢(みちせい)の展覧会「大正の鬼才 河野通勢 新発見作品を中心に」に行ってきました。

 一目で、デューラー、ダビンチ、ミケランジェロ、クラナッハ、ウィリアム・ブレイク、レンブラントなどの影響の強さに気づきました。日本人離れしたバタ臭さがふんぷんとした画風です。1895-1950の生涯で、55歳で亡くなっています。長野育ちですが、父親がハリストス正教会(ロシア正教、東方教会)の信者で、彼自身も幼いころ正教会の洗礼を受け、聖書の世界に親しんでいました。そのため、聖書を題材にした絵をたくさん描きました。日本の画家として珍しい存在ではないでしょうか。

 すごいエネルギーと集中力のこもった絵ばかりですが、10代ですでにかなりのレベルに達していたようです。父が持っていた、当時珍しい洋画の画集(洋書)を参考に、ひたすら模写に打ち込んで独学で技術を磨いたようです。
 
 そして、日本的な感覚もいくらか残っています。「放蕩息子」の絵には、放蕩息子の腰にひょうたんがぶら下がっていて、思わずほほえんでしまいました。作品によりますが、顔の描写は西洋風、日本風、仏像風のものがあります。

 カトリック的な形式を採用しがら、プロテスタントの画家を懸命に模倣し、そこに東方的な感覚も持ち込み、さらには和風の人物がいたりと、なんとも言いがたい、ごちゃまぜのような世界を作っています。未完の大家と言うべきか、巨匠として認めるべきか、自分には判断できません。しかし、そこに描かれた精神性は、どっぷりと聖書の世界に根をはっているように思えました。

 あまり知られていない画家のようですが、近年、多くの作品が発見され、日本の各地の美術館で順に作品展が開かれているようです。
 私にとっては、すばらしい技術を情熱を注ぎ込んで描いた日本の田舎の風景や自画像に惹かれました。興味の尽きない、一言では片付けられない、不思議な魅力をもった画家です。

 渋谷の松濤美術館で、7月21日まで開かれていますから、絵が好きな人は、一度訪れてはいかがでしょうか。

タグ :

大塚国際美術館で「放蕩息子」に会ってきました(最終回)

 2007-05-16
 楽しみにしていたレンブラント『放蕩息子の帰宅(帰郷)』に対面できました。
ある部屋の壁のほぼ真ん中くらいに、他の絵と変わらず何げなく飾ってありました。期待と異なった点
 よかったのは大きさを確認できたこと、ほぼエルミタージュ美術館と同じ高さではと思われる位置に絵が置いてあったことでした。
 描かれた実際の父親の大きさ、弟息子のボロボロになった履き物。それを見つめる兄息子のまなざし・・。そこに展開されている内面のドラマは、よく見て取ることができました。
 とても、とても静かな画面・・。瞑想的というか・・。全体が暗く、人物中心に色が施され、このドラマ全体の設定を浮き出させています。

 ただ、展示室が明るい部屋だったせいか、油絵の持つ深みがあまり感じられないように思いました。平坦な陶版へ焼き付けて複製したことによる限界か、あるいはレンブラントが持つ闇の深さはタイルに向いていないのか、あるいは元となった写真による再現が困難なのか・・いろいろと原因が考えられます。同じレンブラントでも、もっと小さな絵ですと、とてもよく再現されていると思えました。

 父親のマントの赤い色が、私の期待していた赤とは異なっていました。もっと深みがあり、輝きのある赤であるはずなのに。(ここに書いたことは、あくまで私の印象です)。

 ここにあげた画像は、背景の人物が見えますが、展示してあるものは暗くてほとんど見えません。どっちがホントなのでしょう? これは本物を見て確かめるほかありませんね・・。

ナウエン著『放蕩息子の帰郷』の紹介
 小社が出版している、この絵を題材にした素晴らしい黙想、ナウエン著『放蕩息子の帰郷』について、美術館の関係者とお話しすることができ、見本を差し上げることができました。
 今後、現場の責任者と検討してみたいとのことでしたので、置いていただけるかは未知数ですが、よかったと思っています。
 聖書の世界をあまり知らない日本人にとって、とても興味深い、有益な本になると思います。

カトリックとプロテスタントの美術
 1517年に始まった宗教改革によって、西方キリスト教は二つに分裂しますが、その持つ特質によって、キリスト教美術に大きな差が生じてきます。ちょっと復習。

 プロテスタントは、一般信徒が直に自分の言語で聖書が読めるように、その国の言葉に聖書を翻訳し普及しました。つまり言葉(思考、抽象、理性、言語、文献・・)と、それを助ける音楽を中心に発展し、とくに言語による神学の隆盛を招きました。ごく一部の過激派は、教会内の美術品を破壊することさえしました。

 一方、カトリック側は、あくまでラテン語で聖書を現すことを選び、聖書は教職者中心のものとなり、一般信徒への教育の大きな手段として、五感からアプローチする絵画、音楽、典礼、サクラメントという体験をとおして養育することが中心になりました(第二バチカン公会議以後は、修正されます)。これはその後、カトリックの芸術家を多く排出する土台となっていきます。

 芸術を区分けする必要はないでしょうが、今回、プロテスタントの画家が多くいることに気づきました。グリューネバルト、デューラー、クラナッハなどがそうです。その後のレンブラント、ゴッホもそうですし、フリードリッヒなどもそうなんでしょう。

現代のキリスト教と美
 そして、現代のカトリック司祭ヘンリ・ナウエンが、プロテスタントの画家であるレンブラント、ゴッホの美に大変魅了されて、素晴らしい著作を残したことは大変興味深いと思いました。

 20世紀のプロテスタントは、言語偏重(左脳偏重)に傾き過ぎた面があると思われ、信徒の中には、疲れや身体の不調を覚える人にとって、五感を大切にし、癒しを含めた人間性回復を含んだ東方教会やカトリック芸術に引かれる人がいます。
 音楽家(聴覚芸術)は別として、せっかく美術(視覚芸術)を学んだ人たちが、日本のキリスト教会内では居場所が見つからないという嘆きも今回耳にしました。
(星野富弘氏は言葉/詩と絵の融合で、日本でその壁を突破していますが、例外的ですね。)

 霊性の豊かさの回復を求めるうねりが世界的に高まっているのは深い理由がありますが、それと深い関係のある美術の回復、再評価も、これからのキリスト教会の大きな課題となってくるのではないでしょうか。
タグ :

大塚国際美術館で「放蕩息子」に会ってきました(4)

 2007-05-12
東方教会のイコンが、たくさん鑑賞できます
 これも私にとって想定外でしたが、イコンが左右に20個くらい飾られている廊下に出くわしました。思わず「ほおっ~」とため息をつきました。
 ヘンリ・ナウエンが書いていましたが、20世紀、共産主義政権下で圧政を逃れて西側に流れた東方教会の信徒たちが西側に持ち込み、その評価が高まった面があるそうです。いまでは、パソコン用語(アイコン)になっていますね!
 私はしばらく前からリュブロフ作の「聖三位一体」の聖画(東方教会では「聖像」と言うそうです)の典雅なスタイルに不思議な魅力を感じていました。

 なんか独得で、不思議な空間を表現しています。「ものすごい良い」「ものすごく美しい」とか思っているわけでも、それほど詳しいわけでもありませんが、長い歴史の中でキリスト者が大切にしてきたものなので、「なんだろう?」と興味があります。
 私はこのイコンを、色は上のほうだろうと受け止めていたのですが、大塚美術館にあるレプリカは下のほうの色合いだったのでびっくりしました。色落ちが進んでいて、少しがっかり・・。実際はこの画像より明るく、鮮明です。
予想したサイズと違って驚き
 そしてその大きさも予想と全然違っていました。日本のふすまの上下半分くらいの大きさだったのです。私はこれまで複製、絵はがきを見ていて、A4くらいだろうと思っていたものですから、「え、え! こんな大きいの?」とびっくり。
 本物を見たことがないので、これはいい勉強でした。
 ぜひ、下にあげたウィキペディアの解説を、読んでみてください。イコンとは何かが簡潔に分かります。
イコンとは何か
アンドレイ・リュブロフ(一番有名な作家)


 イコン展示の廊下に入って最初に心がとらえられたのが左のものでした。「全能者キリスト」。シナイ山にある世界遺産、聖カタリナ修道院にあるものです。ずっとイスラム圏だったのに奇跡的にたくさんイコンが残っています。
 大変古い、初期のイコンなのに、鮮明な画質で光っていました。じっとこちらを見つめているハンサムなイエス。髪も黒く、中近東人の様子。
 画像の背景は青ですが、美術館のはそれほどではなかったような・・。上下左右にもっと余裕があり、形状はたて長。人間の上半身よりは小さいです(曖昧な表現ですみません)。素晴らしい!「最近の作品では?」と思わせるモダンさ!
 「できれば持って帰りたい」という激しい衝動にかられました(笑)。聖カタリナ修道院



友情を表すイコン?
 これは、私も複製を持っているので、展示で発見してうれしかったです。何年か前、フランスのテゼを旅した知り合いにレプリカを買ってもらいました。お土産程度の値段で、A4より小さい木板に印刷してあります。イエスとおぼしき人が隣人の肩に手をかけています。微笑ましいマンガみたいな聖画ですね。「あなたを友と呼ぶ」と言われたイエスを象徴しているのでしょうか。上のイエス像と顔がよく似ています。どちらが影響を与えたのでしょう? いま私の携帯の待ち受け画面で使用中。

 これも、手持ちのものと同じ大きさと思っていましたが、なんと座布団より少し小型の大きさでした! でかい! これもイコンでは初期のもの。

 これらの私のお気に入りのイコンを、それぞれ小一時間くらい見つめつつ黙想できたら素敵だと思いましたが、ざんね~ん。そんな時間はありませんでした。
 いやはや、実物大の展示というのは意味があることなんですね。

 でもイコンに限って言えば、その使用目的から、本物も複製も、サイズの大小も関係なく、信徒にとってどれも価値は同じです。それは、本物のイコン自体に価値があるのでなく、それが指し示す先の存在に価値があるからです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。