棺桶を使ったユニークな「死と生」についての教育

 2012-03-09
 間もなく一年を迎える大震災によって、「すぐそこにある死」の問題に私たちは直面しました。

 親友の大学教授が、たまにチャペルで講演するそうです。そこでなんと、本物の棺桶(段ボールでできたエコな棺桶)を壇上にあげて話すのだそうです。ユーモアを交えながら、若さのまっただ中にいる大学生に、死と生、そして聖書の教えについて。

 ユニーク内容なので、ご紹介したく取り上げました。

IMG_2428.jpeg
壇上で講演する増田喜治教授

 

 キリスト教主義の我が大学の美しいキャンパスにおいて「死」を考え、「死」の臨在感を覚える場として、チャペルの十字架があります。しかし、近年のゴスペルブームにより、十字架はファションとなり、死よりも生、苦しみよりも楽しみ、自己内省よりも自己表現の手段と格下げされてしまいました。一方、キャンパスを行き交う元気な学生達の影となり、生ける屍のごとく右往左往しながら、肩を落として歩いている姿を垣間みることがあります。この自然豊かなキャンパスにおいても、精神的な死は確実に、あまり認知されないで浸透しています。
 このような状況の中で、私の英語の授業では、「死」のリアリティを内在化させるため、'end'という単語には「終わり」と「目的」という2つの異なった定義があることを解説しています。そして「終わり」と「目的」のように一見すれば関連ない概念がなぜ共存しているのかを学生達に問います。その答えは単純明快に旧約聖書に以下のように啓示されています。

「死の日は生まれる日にまさる。祝宴の家に行くよりは、喪中の家に行くほうがよい。そこには、すべての人の終わり(END)があり、生きている者がそれに(目的)に心を留めるようになるからだ。」  伝道者の書7章1節~2節



  全文はこちら。 →「棺桶と大学教育」

 彼から聞いた話では、希望者を壇上にあげて中に入ってもらい、蓋を閉めてしばらく過ごさせ、その後、「生還」した本人に感想を語ってもらうそうな。
 
  いやー、ユニークで強烈な体験教育ですね~。笑)
  
 環境のために段ボールを活用したい方、以下のリンクへどうぞ。私はどうしようかな~。う~ん、段ボール、チャレンジだなー。でも、とっても素敵な作りのようですよ。汗。
  段ボール棺桶


カテゴリ :クリスチャン霊性 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

昨年の生活をコラージュで描くと?

 2011-01-24
th_th_1093.jpg
th_th_1094.jpg


 先週、自分が関係している団体で新年の総会というか、二泊三日の会議を持ちました。
その中のプログラムで、昨年一年を振り返り、自分にとってどういう意味を持つ一年だったかを、各自が振り返る時間を持ちました。
 そこで、そのまとめとして、私が「牧会塾」で学んだコラージュの手法を紹介し、そこで見えてきたことを皆で表現、互いに鑑賞してみました。

 上の二点は私のものです。(1)少年が映っているものは会議の一日目に作ったもの。(2)青年が寝そべっているものは、最後の日にもう一度作ったもの。
 なぜ、二つになったかというと、私以外の参加メンバーがすっかり入れ替わったため、もう一度行い、私にとっては二回になったのでした。


コラージュへの自分の感想
(1)図は、「家族の成長」「人生でもたらされた実り」。「それらの実りを他の人と一緒に食した交わり」

(2)図のらくだの隊商は、「新しい道をたどる旅が始まった予感」。この青年のように「休みつつ、黙想しつつの歩み」「神が植えた一輪の花に過ぎないという自覚」

 ふつうは二つあると複雑すぎると思います。でも、二日間をおいてもう一度作って気づいたことは、一回目に過去を振り返ったことで、ある程度の心の満たしが生まれ、二回目はこれからの展望への余裕のスペースが生まれたのではないかという気がします。

 もう一つの「ひらめき」は、最初の図が昨年の私の外的生活、二つ目の図が内的生活を表しているかもしれない、ということです。
 今も取り出してそれを眺め、このブログに書くことで、もう一度、振り返ることができました。

 主に学びつつ、着実に今年を歩みたいという想いが湧いてきました。
カテゴリ :クリスチャン霊性 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

ロナーガン講座を修了したにはしたが、道はまだまだ。。

 2011-01-17
 th_IMG_0911.jpg

 上智大学で夜間にあった社会人向けの公開講座「不思議の国の私への旅」(講師:上智大学名誉教授・ペレス・バレラ神父)11回の講座を、昨年の10月半ばから受け始め、先週ようやく修了しました。自分ながらよく通ったと思います。

 バーナード・ロナーガンという20世紀最高の哲学者、神学者の一人による大著『Insight(インサイト)』(直感、ひらめき、洞察)の内容を理解するための入門講座です。理解するといっても膨大な内容の、ほんの入口で終わった感じがします。(それはそうですよね。哲学の素養のない人に、難解で知られる認識論を解説するのですから。)

 哲学的アプローチは私にとって不慣れなため、最初かなり戸惑いましたが、日本の学生のために何十年も講義し続けたベテランの教授による講義は、こちらが聞いたことを受け止める間(ま)を充分とった進め方でした。決して先を急がず、受講者の理解と反応を見ながら、じっくりと進めてくださいました。

 なぜ、私がロナーガンに興味をもったかというと、ヘンリ・ナウエンの初期の著作に繰り返し出てきたからです。
 ナウエンの著作『Creative Ministry』によると、説教者の役割は、「人々のたゆみない自己形成の努力を支えることであり、その成長のための妨げ、無関心、いらだちを取り除いてあげること、また、自分の置かれた世界の現実、また自分の姿に直面する勇気を与えること、この痛みを伴うプロセスを支えて、人々を自由にする直感に導くことにある」(私なりのまとめ)とあります。いわば、説教者(教会の霊的指導者)とは、「人々を自己形成のための直感(ひらめき)に導くことができる人」なんですね。ナウエンの他の著作にも、よくこの「洞察」「直感」が出てきます。

 そこで、この「直感」って何? という問いが私に生まれたのです。そして、ナウエンが引用している「ロナーガン」という名前をサイト検索したら、この講座にヒットしました。

 「日本に研究者がいたんだ。一般向けの講座があるのか!」という驚きと共に、受講申し込みをしました。この「インサイト」の邦訳はまだありませんし、ロナーガンの著作もまだ一つも訳されていないようです。

 内容については、とてもここで書き切れるものでなく、私の理解もこの膨大な世界の、ほんの一部に触れたにすぎません。ただ、ロナーガンという学者は、25年かかって「インサイト」を書き上げ(1957年)、これまでの歴史に名だたる哲学者が気づきもしなかったことをまとめ、思想界に驚きを与えた人だそうです。

 彼の思想を世界が理解するのは、これから100年かかると言われ、あらゆる学問分野に(科学、社会学、経済学などの分野を横断的に)影響を与える重要な思想家だそうです。世界中に研究機関があり、中心地はカナダのトロントなのだとか。

不思議の国の私―B  今回の講座をとおして、人間が五感を通してものごとを捉え、問いを抱き、「知りたい」と願い、そこから徐々に発展して、究極的なリアリティ(「ありてあるもの」、究極的実在、神)を捉えるという過程、そこでの人間の精神に起こる認識の仕方や意識の段階について理解する一つの方法に触れました。ロナーガンによると、それが人間のもつ「スピリット」の働きの全容なのだそうです。

 私としては理解がまだまだ。質疑応答があったとはいえ、講義を聞いただけなので、これからも勉強が必要です。今回のテキスト『不思議な国の私』がよいガイドになりそうです。

 ブログ左に設置した「編集長おすすめ」のカテゴリーの「思想、科学、哲学」を参照)

カテゴリ :クリスチャン霊性 トラックバック(-) コメント(3)
タグ :

私のもとに来なさい。

 2010-07-02
 「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛(くびき)を負い、わたしに学びなさい。そうすればあなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。(イエス・キリスト マタイ11章)撮影:クレオパ
タグ :

ケルト系教会から教えられること

 2009-11-20
(以下の文は、クリスチャンライフ研究会の会報『風の色』19号(2009/8月号)用に執筆掲載したものです。少しの修正を加え、ここにアップしました)

かつてヨーロッパに存在した奇跡的な教会
 私たちが通常、普通と思っている教会の制度、スタイル、霊性は、様々な文化の影響を受けている。プロテスタント教会のあり方は、西方教会の流れにあり、ローマ・カトリックが吸収したローマ文化の影響を多く残している。もちろん、それがすべて悪いという意味ではなく、それを自覚することが大切だと思う。

 西欧にあってローマの影響から逃れた奇跡的な教会があった。アイルランドを主とするケルト系教会だ。民族の文化を取り入れながら、独特のキリスト教霊性を育んできた。私たちは音楽を通じて、いくらかその雰囲気に親しんでいる。エンヤ、ケルティック・ウーマン、リバー・ダンスなどの音楽は、その雰囲気を今に伝えている。賛美歌にも「試みの世にあれど」「アメージング・グレイス」など、郷愁を誘うメロディ(五音階)が、その香りを残している。

 ケルト系教会の隆盛は、5~9世紀で、その後はヴァイキングの侵略で衰え、続くカトリックやプロテスタントの勢力に押され、その形態は千年前に地上から消えた。しかしその精神文化は、ヨーロッパ精神の一つとして脈々と受け継がれている。現在、自然破壊の元凶として批判されるキリスト教の中で、自然と調和し、豊かな霊性を持つケルト系教会を見直す運動が起きている。

その持つ霊性の特徴
 ケルト教会の信仰生活の 特徴をいくつか挙げると、「共同体」「物語」「友情」「象徴」「冒険、旅」である。ローマ教会はローマ文化の影響を受け、中央集権的ヒエラルヒー築いた。ケルトは、部族の集合体であったため、部族ごとに修道院(共同体)を設置し、その院長を中心に活発な宣教活動を行った。

 ローマ的伝道は、福音を宣べ伝えるとき、「こちら、あちら」と捉えて対面し、対決的に議論、説得し、それを聞いた人が一定の条件を受け入れ、それに従う誓約をしたら教会(共同体)に加える。ケルト教会は、最初から共同体に迎え入れ、生活を共にする。異教徒はキリスト者の生活が示す魅力に惹かれ、質問をし始める。そして、あるとき自分が信じてることに気づき、洗礼を受け、教会に加わるという。

 「ソウル・メイト(魂の友ーアナムカラ)」という言葉も、ケルト教会にルーツがある。文字をもたなかったため、口承による豊かな物語文化を持つ。航海をよくしたので、外に出て行く冒険精神や、人生を心の旅に例えたりする。海外宣教も活発だった。

 教理が不確かだったり、悪影響が出るほど異教的要素を混ぜてはいけないが、独自の文化を生かし、今も私たちの霊的渇きに応えてくれそうな霊的遺産を持つケルト系教会は、これからも私たちを魅了し続けるだろう。(参考文献:The Celtic way of Evangelism by G,Hunter. Wikipedia他)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫