礼拝という修練

 2013-12-02
 ある機関紙に二年前、寄稿したものです。リチャード・フォスター『スピリチュアリティ:成長への道』の章の概要をまとめたものです。
「礼拝」は信仰者の重要事項、私たちは礼拝共同体の民と言われる割には「礼拝とは何か」ということを深く理解することが自分の中でいつの間にか薄れてしまいます。行事に参加することで「義務を果たした」かのように受け止める傾向が私の内にあります。信仰生活の基本としてクリスマスに振り返ってみたいと思いました。
th_url-7.jpg

 R・フォスターは、礼拝を修練の一つとしている。それは、信仰生活の中心であると同時に、神ご自身が求めていることへの応答となる。「父はこのような人々を礼拝者として求めておられる」(ヨハネ4:23)。特定の時間に、特定の儀式に参加すれば礼拝になるのではない。イエスによって明らかにされた神のご性質を正しく理解し、聖霊に介入していただく必要がある。

 神の前に出ることは、自分の汚れ、罪深さが露わにされることでもあるが、神が私たちにしてくださったことを確認しながら自己吟味し、告白を経て礼拝へと導かれる。礼拝の語源は「ひれ伏す」で、私たちの体、思考、感情、姿勢、動作、言葉、音楽、生活を含めた全存在で捧げるのである。そのような礼拝が実現するとき、関係の回復と癒しが生じ、私たちは謙遜にされて、神を神とする行為となる。

 同じ主にある兄弟姉妹と、同じ主を仰ぎ見てする共同の礼拝は、共にキリストのご人格を体験する空間となる。キリストによって召し出された人々の集まりで捧げる奉仕はすべて、キリストを崇める行為となる。特別な賜物を持つ個人が目立つためではない。主の臨在があるなら、ひとりではなし得ない、皆が一つとなる深い交わりが出現し、聖霊による神の愛が注がれ、満たされる場となる。それが真の礼拝であるとき、私たちの中の恐れは消え、肉の思いは清められ、主の光の中で私たちは変えられる。

 共に集う行事だけでなく、日常生活でも主の臨在に思いを馳せ、神を崇める姿勢を養うことができる。簡単ではないが、日ごとの行い、発する言葉、人との出会い、出来事の中で、主の臨在を意識し、あるいはそれに気づき、主の力によって生活自体を礼拝とする道をたどるのである(ローマ12:1-2)。生活のあらゆる行為を「御霊に従って歩む」(ローマ8:4)ことは修練の大事なプロセスとなる。主から離れたと気づいたときは、その場で立ち返ってリセットし、再スタートすることができる。失敗するはあっても、主の導きとそうでないものを判別しつつ、神の国の住人としての生活を生きた供え物としていきたい。

『風の色』(クリスチャンライフ成長研究会機関紙 2011年12月号掲載)
  参考:R・フォスター『スピリチュアリティ:成長への道』(日本キリスト教団出版局)
カテゴリ :R・フォスターに学ぶ霊的修練 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

簡素に生きるという修練

 2012-11-09
 昨年の『風の色』(クリスチャンライフ研究会発行の会報)に書いた、リチャード・フォスターから学んだ霊的修練のシリーズ。
 物質的には豊かな社会に生きている私たちにとって、繰り返し心すべき生き方ではないでしょうか。
th_th_ichi1.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
イエスの警告とそれにまつわる落とし穴
 キリスト者の霊的遺産に光を当てたR・フォスターの名著を参考に、今回取り上げる霊的修練は、簡素(質素、単純、素朴、シンプル)な生活。
 これはイエスの示された教えであり、古代から修道者によって追求されてきたライフスタイルだった。ただし、禁欲主義、律法主義に陥る危険性がつねに伴った。「神と富とにかね仕えることはできない」というイエスの警告を含め、聖書には貪欲への戒めが多い。現代は、神以外のものに深入りする各種依存症が社会問題になっている。また、さまざまな嗜好品、次々と現れる新商品によって、過剰な消費への誘惑に囲まれている。一方、簡素さを求めるあまり、律法主義、禁欲主義に陥るのは、この世界を造られた神のみこころから離れることになる。創造主は、生活の楽しみ、物質や快適さの適切な享受を祝福しておられる。

神との関係からスタートする
 簡素な生活は、「神の国とその義」を日々選び取っていくことから始まる。そのためには、「何かすること」「何かであること」以前の、神の前での沈黙が必要だとフォスターは言う。つまり、神との関係、心のあり方からスタートすることだ。所有物を少なくしたからといって、それが簡素さの指標ではない。
 ルターはこう言った。「もし私たちの所有物を他の人と分かち合えないなら、それは盗品である」。神の国を第一にしていくなら、さまざまな執着から解放される。明日への不安、恐れは去り、神からの日々のケアを信頼できるようになる。

恵みとしての所有物
 そのとき、次の三つのことが個人の内面で起こるとフォスターは指摘している。1)所有物を神からの賜物として受け取る。2)所有物の配慮と守りは神からくると知るようになる。3)他者と所有物を分かち合うことができる。自らの労働の当然の果実として所有し、享受するのでなく、それさえ神からの恵みとして受け取る視点を養うことは、神がどういうお方かを、生活と行いで証しすることになる。

それは日々の修練
 飲食、衣類(おしゃれ)、嗜好品、テレビ、インターネット、娯楽、書籍、労働時間、電力、燃料の使用等、いつの間にか神以外のことを心の拠り所にしていないだろうか。それゆえ、「空の鳥、野の花」に目を向け、心の内の衝動、不安と向き合い、神を日々見上げる修練の実践が大切になってくる。

参考:リチャード・フォスター『スピリチュアリティ』(日本キリスト教団出版部)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
カテゴリ :R・フォスターに学ぶ霊的修練 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

「学ぶ」という修練

 2012-03-27
 クリスチャンライフ成長研究会(CLSK)発行の『風の色』に書いた「霊的修練」シリーズ。最新記事は載せませんが、時間がたったものをたまに紹介します。

 内容は主に、リチャード・フォスター著『スピリチュアリティ』を自分の学びのために短くまとめたものです。詳しくは、同書をご覧ください。霊的修練についての素晴らしい本です。

スピリチュアリティ 成長への道スピリチュアリティ 成長への道
リチャード.J. フォスター Richard J. Foster

日本キリスト教団出版局 2006-09
売り上げランキング : 665703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「聖書から学び、現実から学ぶ」

 私たちはこれまで学校、教会などで学習することに慣れているので、これが何を意味するかよく分かるだろう。知的訓練であり、思考や理解を深め、それを正しく客観的に生活に生かす習慣を指す。
 R•フォスターは、霊的修練の一つとしてそれをあげている。御言葉の黙想、観想と異なる性質の修練と言える。頭を用いて分析、解釈、反復、客観化する作業で、人格形成を促すのである。

 フォスターはこの学習について、大きく二つに別け、書物を用いるのと、そうでない非言語的学習があると指摘している。書物を学ぶ第一は、聖書である。聖書が何を伝えているかを正しく知り、理解する。講座を受講したり、系統だった講義を受けることもできる。それ以外に、日常から離れて外泊し、興味のある聖書の書物を選び、まとまった時間で学ぶリトリートを持つよう勧めている。古今の信仰書、参考文献の助けを得るのもよい。

 もう一つの非言語的学習とは、自然、社会現象、人間関係などからの学習である。これらをよく「観察し、見て、聴いて、祈って、気づき、理解し、解釈する」。自然においては一個の草木さえ学習の機会となる。夫婦関係、親子関係を振り返り、身近な現実から学ぶのもよい。社会現象に目配りし、問い、理解し、その意味を受け止めることもできる。他の人々を観察し、どのように、何を動機として行動しているか学ぶこともできる。

 もっとも学ぶべきは自分である。内面、感情、行動パターン、願望。何が自分をそうさせているかを観察し、知る。現代文化、流行、テクノロジー、社会、経済など、外からの影響をどう受けているだろうか、それは適切だろうか、改善すべき点は何か、それは神が善しとされることか……。こうした学習は私たちを謙遜に導く。

 日常生活に支障をきたすほど、あまりに深入りする必要はないが、自分の好み、能力、必要に応じて学習の機会を求めるのは、私たちを偏見から解放し、精神生活を豊かにする。学習の目的は他の霊的修練と同じく、そのことで喜びが増し加わり、人格の霊的成長、霊的形成がもたらされることにある。


カテゴリ :R・フォスターに学ぶ霊的修練 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫