ブラジルW杯四強の国歌はどうなっている?

 2014-07-14
 勝ち残ったチームは、みんな守備を固め、カウンターねらいという実質を選んだようだ。つまり、四年前の南アフリカW杯で、日本代表が直前に変更した戦略と同じだ。
「それはいやだ、以前より強くなったし、世界と伍して行くには、自分たちの攻撃的サッカーをしたい」という日本のチームは、実力でまさる世界のチームを相手に果敢に積極策で臨んだ。悲しいことに、ほとんど機能しなかった。

 さて、優勝した国から第四位までの国の国歌はどうなっているか調べてみた。

優勝国ドイツ国歌

 団結と 正義と 自由を
 父なる国 ドイツへ
 ・・・
 ・・・
 心ひとつに手をとりあい
 ・・・・・
 幸福の輝きの元 栄えあれ
 栄えよ ドイツ 父なる国


 始めてドイツ国歌としてこの曲が制定されたのは1922年。ナチスドイツ以前だ。その後、ナチス時代も歌われた。そのとき、歌詞は三番まで歌われたらしい。統一ドイツになった20年前、試行錯誤ののち、やはりこの国歌に落ち着いたという。
 原曲は200年以上も前にハイドンが作曲。元は、神聖ローマ帝国フランツ2世のために献呈したもので、皇帝を称える歌だった。そして、オーストリア帝国の国歌として歌い継がれてきた。つまり元、オーストリア国家。(ちなみにいまのオーストリア国家は、モーツアルト作曲らしい。)
 現在の歌詞は作曲された50年後に、分裂していたドイツ(オーストリア?)の統一を願って大学教授が書いたもの。
 歌詞は全部で三番あるが、戦後は、イタリア、デンマーク、オランダなどの一部の地域も我らのものという意味の歌詞「世界に冠たるドイツ」の部分はカット。
 二番は「ドイツ女性、ドイツワイン」などと歌うので、冒頭に歌うのはどうかということで省略になったのだろう。結果、上に掲載した三番のみが歌われる。

 決勝戦は知らないが、移民の子孫であるレギュラー選手三人(エジル-トルコ系三世、ボアテング-父ガーナ人、ケディラ−父チュニジア人)は、以前見たときは歌っていなかった。(この動画も最後のほうに出てくる三人は歌っていないね。)
移民の子孫と言えば、36歳のフォワードで点取り屋のクローゼ(W杯に複数回出場)もポーランド系、ポドルフスキも、名前から明らかに東欧系の子孫。かつての名選手ベッケンバウワーの時代のドイツとかなりスタイルが変わった。

 ちなみに国旗の三色は1813年、ナポレオンと戦ったプロイセンの義勇軍の軍服の色。黒はマント、赤は肩章、金はボタンだそうだ。現在は、それぞれ象徴的な意味で「勤勉、熱血、栄誉」を意味しているとか。


準優勝国アルゼンチン

 これは革命歌と言えるもので、はやり軍歌ですね。原題は「愛国行進曲」

 聞け、人びとよ 聖なる叫びを
 自由 自由 自由
 聞け 鎖が砕け散る 音を
 見よ 気高き平等が 玉座にあるを
 ・・・・
 ・・・・
 偉大なるアルゼンチンの民に 乾杯
 ・・・
 ・・・
 栄光を戴いて 生きん
 さもなくば 誓わん
 名誉ある死を


  南米の国歌は長いものが多く、もっとも長いのがアルゼンチンだそうだ。
 あまりに長いので前奏だけで終わることもある。かなり長く、複雑な前奏(1分10秒)で、観客は「オー、オー」と合わせるとか。W杯では、前奏が終わるとすぐコーラス部分に入って終わる。
 そのコーラスは三回繰り返され、意味は

 「さもなくば誓わん 名誉ある死を」

  だそうだ。観客はこの部分を弾むようなリズムに合わせ熱唱するという。
 すごい歌詞だ。老人も子どもも大声でこの部分を歌う国を、何と表現したらいいだろうか。
 やはり、歴史がなせるわざなのだろう。

 1810年、スペインがフランスのナポレオン軍によって侵略される。自分たちがフランスの属国になってしまったことに憤激したアルゼンチン人が、占領していたスペイン軍に対して武装蜂起。そして勝利。国歌は革命の最中に決められたそうだ。

 ちなみにメッシはあまり歌わないとか。それに対し「愛国心がない」と批判する記事が新聞に載ったらしい。彼は病気治療のため、子どもの時にスペインに移住したので覚えていないのでは?という声もあるらしい。
 しかし、メッシは、「歌うまいが自分はアルゼンチン人だ」と主張している。国歌を歌う人も、歌わない人もいていいのだ。

3位オランダ国歌

 ナッソ伯 ヴィレム
 ドイツの由緒ある 家系の末裔
 我はこの地に 永遠の誓いを捧げる
 我はオラニエ家の 勇気ある王子
 スペイン国王に 変わらぬ忠誠を誓ってきた


 え? ドイツ? スペインに忠誠? オランダの国歌になぜ他国の名前が出てくるのか不思議だ。しかし歴史を見るとわかる。曲調は、スローテンポで格調高く、おごそか。他の国の活発な軍歌風とは異なる独特の複雑なメロディ。雰囲気はまるで賛美歌だ。

 16世紀後半に活躍したオランダ建国の父はヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ(オラニエ公ヴィレム)だ。
 そして、歌詞は15番まであり、スペインの悪行への抵抗を神に誓い、建国を神に懇願する内容になっている。ということは、祈りの歌と言えそうだ。歌詞の「我は」(一人称)とは、オラニエ公が語ったという意味なのだろう。あまりに長いので、最初の1番だけが行事で歌われる。
 世界最古の国歌と言われ、オラニエ公の存命中にすでに歌われていた。

 16世紀当時、オランダはスペインのハプルブルグ家に支配されていた。スペイン王は狂信的なカトリック教徒で、オランダで数が増えてきたプロテスタント教徒に情け容赦ない弾圧を加えた。
 あまりにひどいので、当時スペイン宮廷に仕えていたドイツ人、しかもカトリックだったオラニエ公とその一派が、オランダ独立のために武装蜂起。オランダ地域に攻め込む。戦いは簡単でなく、オラニエ公は途中で暗殺される。そして、80年(!)の戦いを経てスペインから独立した。
 
 ちなみにオラニエとは、英語でオレンジのこと。オランダ代表のユニフォームのオレンジ色はここからきている。国旗の「赤、白、青」は、元はオラニエ公の紋章「オレンジ、白、青」。17世紀にオレンジの代わりに「赤」に変わったそうだ。
 オランダ語がドイツ語に似ているのは、そういう歴史も関係あるのかもしれない。

 ちなみに現国王の妃はアルゼンチン出身だそうだ。二人は熱烈サッカーファンでもあるので、オランダ対アルゼンチンになってしまったら大変ですね。笑)

4位ブラジル国歌(前のブログで掲載)


フットボールde国歌大合唱!フットボールde国歌大合唱!
(2013/05/22)
いとう やまね

商品詳細を見る
カテゴリ :国歌は歴史を語る トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

W杯参加国のすごい国歌、知らなかった。

 2014-07-08
 ふだんあまり聴くことのない各国国歌、メロディは知っているものの歌詞の意味まで知らないものが多い。
 しかし、サッカーのW杯を機会に、調べてみるとすごいことになっている。

フランス国歌

 これは軍歌ではないか。要点(おおよそ)だけ記す。

  行け、祖国の子らよ。栄光の時は来た。
  我らに向かって圧政の血に染まった軍旗が掲げられた。
  ・・・・・・・・
  獰猛な敵兵が・・・やってきてわれらの息子や妻の のどをかき切る
  ・・・・・・・・
  武器をとれ 市民たちよ
  隊伍をくめ
  進め 進め (敵の)汚れた血が我らの畑を潤さんことを。


 こんな血なまぐさい国歌を、日本みたいに小中学校の入学式、卒業式などで流すのだろうか?
 たぶん、ヨーロッパ各国の人は、あまりに有名なこの歌「ラ・マルセイエーズ」の歌詞の意味をほとんど知っているだろう。

メキシコ国歌

  メキシコ人たちよ
  戦いの叫びに応えて
  大地はその内から震える
  轟きわたる大砲の咆哮に応えて

  おお祖国よ
  ・・・・・・ 
  ・・・・・・
  お前の永遠なる命は 神の指にて記されている
  それでもなお・・敵がその足で土地を汚そうとするなら
  ・・・・・・
  天がお前の子らを 戦士としてさずけたことを思い出せ
  ・・・戦士として授けたことを


 国を敵から守るためには、自分の子供たちを差し出せと高らかに歌う、驚きの内容。これもメキシコの独立戦争など、苦難の歴史があるからなのだろう。
 平和憲法の国、日本では、到底こういう歌詞は採用されないだろう。

イタリア国家
  
  イタリアの兄弟よ
  イタリアは目覚めた
  勝利の女神 ヴィットーリアはいずこ
  ・・・・
  ・・・ 
  隊伍を組め 死ぬ覚悟はできている
  死ぬ覚悟はできている
   <繰り返し>
  イタリアが呼んでいる おー!


 いやー、これも軍歌と言える。こういう歌を子供も大人も式典で歌うのだろうか? いまや象徴的な意味になっているのだろうか?
 イタリアはカトリック国として歴史に名高いのに、異教のギリシャ神話の女神が出てくるとは、ビックリ。宗教と国家権力の使い分けというか、混交というか、ローマ帝国の精神が残っているというか、なんとも聖俗のごちゃまぜ(使い分け)を目にするような思いがする。

アメリカ国家

 アメリカ合衆国は政治、軍事、経済、スポーツ、あらゆる分野で最強国なので、ひんぱんに国歌を耳にする。
 しかし、歌詞の意味を知っているかと言えば、私なんんか知らないままできている。たぶん、80−90パーセントの日本人は知っていないのではないか。(身の回りの人を見て、勝手な推測)
 国歌の名前は「星条旗」であって「星条旗よ永遠なれ」ではない。後者は別な曲。

  おお 君よ
  曙の光りの中に 見えるか
  夕べ 残光の中に誇らしく 仰ぎ見たもの
  太い縞と 輝く星星は
  激しい戦闘の中の あの城壁の上に
  かくも雄々しく、 翻っているか?
  赤き閃光 炸裂する砲弾
  我らが旗は 今なお立つ
  ・・・・・・
  おお あの星条旗は 今も翻っているか?
  自由の地 勇者の故国の上に


 激しかった戦いを回顧するような、感動を抑えきれない内容の歌詞。
 最後の「故国の上に」というのは、故国にいない人が故郷の人に語りかけているかのようだ。

 「君よ」と最初に語りかけることから、いろんな想像ができるが、私の想像では、闘って瀕死の傷を負った老いた兵士が、地面に倒れ、目も見えない状態で若い兵士に抱きかかえられている。そして、いまや死を迎えようとするとき、その若い兵士に、自分に代わってあの戦場の丘の上を見てくれ、そこに旗はひるがえっているか?と問う言葉ではないかと思われる。

 と思ったら、wikipedia に由来が書いてありました。

 国歌『星条旗』はどうやってできたか。

 その国が大事にしている国歌をどうのこうの、ここで言う資格は私にないが、植民地からの独立を戦いとった歴史がある国は、てきめんにそれが表れている歌詞であるとわかる。ものすごい命の代償を払って、今の国を作ってきた現実を回顧する歌になっているのだろう。そして、「では君はどうするか?」という自覚を問うているのだろう。

 外国の人も自分たちの国歌に全面的に賛成しているかどうか、一枚岩とは言えないと思う。自分の国の国歌を好きでない人もいると思う。メディアが報じない、そんな人の声を聞いてみたい。
 いままで何十年、外国の国歌の歌詞の意味を私は知らないできたが、いろんな複雑な想いが湧いてくる。


フットボールde国歌大合唱!フットボールde国歌大合唱!
(2013/05/22)
いとう やまね

商品詳細を見る
カテゴリ :国歌は歴史を語る トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫