スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

田舎の民家を改造した「うどん屋」で満腹、満足。

 2012-10-03
th_IMG_2148_2.jpg ごぶさたしております。元気で過ごしています。

 前回の記事アップ以来、さまざまなことを体験し、学び、旅し、感動もたくさんしたのですが、個人的なことが多く、ここに乗せられないのが残念です。

 さて、そのうちの一つ。田舎に帰省したおり、同じ地域に新しいうどん屋が開店したというので、母と訪問してみました。私の出身の北関東は、うどんの生産、消費で日本でも上位を占める、うどんにうるさい地域です。(写真はクリックで拡大)

 この写真のごとく、よくある古い民家を改造した、田舎丸出しの素朴な店で、一見、食堂なのかわかりません。突然、出現した地元民のための店のようですが、まだ一部にしか知られていないようです。

th_IMG_2151_2.jpg

 店内はこのように改造してあり、つい最近まで人が住んでいたような雰囲気。ある人のお宅に招きいれられたような感じで、リラックスできます。それが狙いなんでしょうね。
 おしゃれで、洗練された店と逆を行く姿に、「なかなかやるじゃないの」と感心しました。


th_IMG_2156_2.jpg さて、肝心のうどんはというと、写真のような充実した内容。注文を受けてから茹でるそうで、少し待ちますが、太くて、腰がものすごく強く、量も充分。私は季節限定の胡麻だれ汁の「もりうどん」を頼み、天ぷらを追加しました。
 アゴが疲れるくらいの噛みごごちで奮闘し、最後には食べきれなくてギブアップしそうになりました。天ぷらの追加は余分でした。たれに油が含まれ、お腹がいっぱいになるので、必要なかったです。
 お腹をさすりながら「ふ〜」という感じで、満足して店をあとにしました。
 場所は、秘密です。笑) どうしてもという方は、個人的にお問い合わせください。
関連記事
カテゴリ :日常・出来事 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。