スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

来年の「グラハム大会」中止という日本側の決断について

 2012-12-07
 しばらく更新が滞ってすみません。
 新刊制作作業に集中しておりまして、余裕がありませんでした。
 そんな中で、すでにご存じの方もいるでしょうが、注目される記事があったので、アップします。

 フランクリン・グラハム大会の中止、苦渋の選択

 共和党のロムニー候補が不利と見たためか、選挙戦の終盤、テレビ放映も用いてグラハム親子がロムニー氏を支持、投票を促しました。そうした具体的な政治行動に対し、日本側大会責任者の決断は明快で、正当なものと思います。

 ビリー・グラハム宣教団側は、この件で足りなかった点を認め謝罪した、という記事も注目です。

記事本文より引用
「(日本側大会主催者は)この度のBGEA(ビリー・グラハム伝道協会)の行動が、米国の文化的環境の中で最善と信じてなされたことには理解を示しつつも、同時に、BGEAが特定の政治的立場に事実上関与し、異端であるモルモン教との教理的違いを軽視するかのような行動をとったことにより、協力体制を築くことは困難と判断した」

「BGEAのフランクリン・グラハム総裁およびチャド・ハモンド・アジア地区ディレクターは、今回の選挙におけるBGEAの行動により、(大会の開催場所だった)広島の諸教会に否定的な影響を与えたこと、国際的な伝道団体であるにも関わらず自国内の事情だけで行動し、地域の諸教会の宣教協力の環境を著しく壊してしまったことに対して謝罪を表明した」

 謝罪したことはよかったと思います。「国際的な団体なのに、自国内の事情だけで行動」した、という発言に真摯なものを感じます。

 国際レベルの団体は、今後もこうした点に気をつけるべきでしょうし、翻って、日本の各種団体のあり方でも参考になるのではないでしょうか。ぜひ、全文をご覧ください。

関連記事
カテゴリ :日本のキリスト教事情 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。