FC2ブログ

パーソナル、フラットな関係の会社作りとは

 2014-08-22
83J839383u838A83ATOP.jpg

 テレビ番組で録画して見ているものに『カンブリア宮殿』というのがある。
 作家の村上龍氏がホストで、いまの不況の時代に大活躍している企業経営者、オーナーをスタジに呼んで対談し、いわば現代の成功物語を紹介していく番組だ。もちろん、すべてを紹介するのは一回で無理だろうし、公表されてない裏話もあるかもしれない。

 私が見てて面白いのは、これまで知らなかった企業のさまざまなあり方、経営哲学を知ることができ、そこから見える現代社会の流れ、変化だ。

 最近の番組で、北海道で大成功をおさめているケーキ屋さんの紹介があった。
 そのとき、村上さんとその社長さんが対話しながら明らかにした、今後の企業のあり方が興味深かった。二人の話し合いに自分の解釈を交えて、以下にまとめてみたい。

 ○高度成長期のような長期雇用の時代ではなくなった。会社側としては、年功序列で提供する賃金体系が崩れてきた。そこで、以前なら当然期待された社員による会社への忠誠心、所属意識が期待できなくなった。

 ○自分に合わない、気に入らない、トラブルになったと思えば簡単に会社を辞めてしまう社員が生まれている。不況の時代、会社も経営危機になったら社員を簡単に解雇する。会社に自分の将来を全面的に託して生涯を過ごすスタイルが薄れている。

 ○そこで、どうやったら社員が、所属している会社へのプライドをもって、喜んで、意欲的に働いてもらうことができるだろうか。能力を発揮してもらえるだろうか?

 ○会社は社長一人で経営、発展できるものではない。構成員みなの積極的な経営参加がこれからは大切になってくる。

 ○それには、会社を皆で作っているという意識、開かれた経営哲学がキーになってくる。社長、リーダーが「俺には考え(ヴィジョン)がある。黙ってついてこい。指示、マニュアルに従って働けばいい」というものでは、これからの会社はもたない。

 ○「作って、売ればそれで終わり」という時代ではない。質のよい商品、よいサービスが求められる。

 ○働いている人の団結力、所属への誇り、プライド(責任感)が、企業の生産性、顧客へのサービスを支える。だから会社経営とは「人作り」(「人は石垣、人は城」武田信玄)だと言える。

 これらの中心にある本質を浮きだたせるキーワードは、「パーソナルでフラット」な関係だと思われる。リーダーや社長がいらないというのでない。リーダーが牽引し、責任をとり、決断していくのは変わらない。しかし、もっと現場の人を生かし、フラットな関係を築きながら参加意欲を増し、そこで一人ひとりのパーソナルな能力が生かされることで社会貢献する。そのことで所属意識と働く喜びが増す。

 ブラック企業の利益優先、過重労働の実態が社会問題になった。これでは社員も会社もつぶれる。
 生み出されるよい商品、よいサービスが生まれるのは、社員一人ひとりが大事にされている(愛されている?)と思えることからくるのだ。

 さて、これを自分に当てはめて考えるとどうなるか? いろいろなヒントがありそうだ。
(もちろん、教会にあてはめて見てもいいだろう。)
 以上、書きなぐりです。
関連記事
カテゴリ :随想・エッセー トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫