天(国)についての本が出ました。

 2014-10-29
 ご無沙汰しております。
 現在、N.T.ライトの編集に邁進している日々で、余裕がなくてすみません。
jjjpeg.jpg
 さて、おっと思うような本が出ました。『ほんとうの天国』(ランディ・アルコーン著 佐藤知津子訳 いのちのことば社発行1800円+税)

 一般に流布している通説としての天国の解説書かと思い、取り寄せてぱらぱら頁をめくっています。どうやら、Life after Life after Dethについて書かれています。
 人間は死んだら空のかなたの天国に行って、永遠に過ごすのではない、その先の復活の命があること、神によってやがて地上が刷新され、その新天新地での生活が聖書の神を信じる人に約束されていることを、一般信徒向けに分かりやすく解説しているらしい(まだ全部は読んでないので)本です。

 読み始めたばかりですが、ポール・マーシャル『わが故郷は天にあらず』やN.T.ライトらが提示している天地の理解と同じように見えます。

 引用資料のリストとして巻末に、アリスター・マググラス、ポール・マーシャル、C.S.ルイス、G.K.チェスタトン、アウグスティヌス、ジョナサン・エドワーズ等の出典先が載っているので、ますます期待できそうです。これは読むのが楽しみ。原書は Randy Alcorn「50 Days of Heaven」Tyndale Houseです。(原書紹介はふつう最初の扉の裏に掲載されますが、老眼の私にはつらい小ささでした。もうちょいフォントを大きく表示して欲しいです。)

 ただ私は、本のタイトルを「天国」としていいのか疑問があります。新改訳聖書、新共同訳聖書にはHeavenの訳に「天国」を使っていないからです。「天」としています。たぶん本書は、これまでの一般的な天国観を聖書にそって修正したいので、一般に普及している「天国」を用い、その意味を変換したくて使用したのかもしれません。

 また「天国」を採用すると、それと対句になる「地獄」を採用せねばならないでしょう。事実、本書には「地獄」がある章に出てきます。ただし、この用語も新改訳では、いまや一箇所でしか使われていません。新改訳聖書は原語にそって「ゲヘナ」を採用しています。新共同訳では、17箇所くらいに「地獄」を使っています。カトリックと共同の訳だからでしょうか?
 聖書で「天(Heaven)」の対義語は「地(Earth)」となりますが、「天国」を使うとその対義語は「地獄(Hell)」ですから、言葉の概念の世界が違ってくるように思います。

 装丁はとっても素敵です。ただ、水色の空のかなたの茫洋とした霊的(従来の)天国観を「ほんとうの天国」としてイメージしてしまうかもしれないと感じなくもありません。ついに実現する新天新地での生活なら、地上と同じカラフルな世界で、空中の世界ではないでしょう。

 こちらの出版社ではたまにお見受けしすが、「著者(訳者)の紹介、略歴」がまったく載ってないことがあります。今回は「訳者紹介」は載っていましたが「著者紹介」が載っていませんでした。そして「訳者あとがき」は姿形もありません。「訳者あとがき」は、とても大切だと思います。これまで同じ出版社の訳本を何十年か見てきましたが、「訳者あとがき」の掲載が少ない印象があります。

 ただ、牧師や大学教授が訳者である場合、「訳者紹介」「訳者あとがき」は載っていることがほとんど。たぶん、一信徒の場合は掲載しない伝統かもしれません。私は「あとがき、解説」から読むのが好きですし、本書の意義、著者を紹介する意味でも、「あとがき(解説)」は大変重要であると思います。
 まことに、まことに、残念。
 
 なんとかしてくれないものでしょうか。
関連記事
カテゴリ :神学・霊性 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
でも、このブログも誰がどういう目的で
書かれているのかわかりません。
目立つところにブログ主の名前があり
なぜこのブログをつづけているのかの
説明があるといいですね。
探せばあるのかもしれませんが
分かりにくいです。
【2014/10/29 20:15】 | 通りすがり #- | [edit]
NTライトが出ている動画の一つで、ライト本人が、ランディ・アルコーンのこの本が、ライトの言うheavenに近いとコメントしていたのを見たことがあります。この著者のことは知らないのだが、と前置きして、そのように言っていました。
【2014/10/29 21:40】 | はちこ #GG3Qes2w | [edit]
通りすがり様

コメント、ありがとうございます。
目的は、つれづれによもやまの所感を綴るということで、ブログタイトルの脇に書いてあります。
名前をずっと出していたのですが、ブログは筆名でもいい世界なので、筆名で出ています。
分かる人にはわかるので、それでいいかな、と。
【2014/10/29 22:30】 | クレオパ #- | [edit]
はちこ様
ランディ・アイコーン、初めて知りました。それゆで、著者紹介を読みたかったのですが、名前のみしかわかりません。何から理由があるのかも知りません。 
【2014/10/29 22:32】 | クレオパ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫