スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

関西牧会塾 「ナウエンに学ぶキリスト教霊性」(概要)

 2015-11-20
IMG_0804.jpg
 今年から開始した、関西牧会塾。5月、7月、9月、11月と、四回にわたって、ナウエン講座を持ちました。
一回は2日間で、一日二つのトピックを取り上げ、計4つのテーマで受講者と一緒に、ナウエンの世界をたどりました。以下はそのあらすじです。
 ナウエンが大好きな人たちとの出会いは、とても元気づけられました。


第一回「ナウエンの霊的形成とは、神の愛と観想の祈り」(5/18-19)
一日目
(パート1)ー「霊的形成とは」
  奉仕者に求められる霊性
  内への旅と外への旅
  霊的修練の全体像

(パート2)ー「霊的形成と霊的成熟」
  霊的成長での古典的理解
  ナウエンの霊的形成
  成熟した霊的生活とは

二日目
(パート3)ー「祈り、神の愛」
  祈りによって神の愛を受け取る
  神の愛に根ざしたイエスの宣教
 「祈り」という修練

(パート4)ー観想の祈り
  レクティオ・ディヴィナ
  臨在とは(プレゼンス)
  観想の祈りについて

第二回 「『傷ついた癒し人』(1)、もてなし」 (7/13-14)

一日目
(パート1)ー「ナウエンは現代人をどう理解したか」
  脱走兵のエピソード
  「苦悩する世界」
  核時代の人間の苦しみ

(パート2)ー「苦悩する牧師」
  傷ついた癒し人のエピソード
  個人としての孤」
  奉仕職としての孤独

二日目
(パート3)ー「もてなしの基本的理解」
  もてなし(Hospitality)とは
  もてなしはキリスト者の使命
  もてなすということ

(パ−ト4)ー「もてなしを実践するには」
  もてなしと共同体
  子供という客人
  イエスをもてなす、イエスにもてなされる

第三回「『傷ついた癒し人』(2)、喜びと悲しみ」(9/14-15)
一日目
(パート1)ー「現代人へのミニストリー」
  断絶した現代世界でのミニストリー
  解放への小道 
  根なし世代へのミニストリー

(パート2)ー「希望なき人間へのミニストリー」
  個人への配慮
  最も個人的なものは普遍的
  人生の価値と意味への信仰

二日目
(パート3)ー「喜びと悲しみ」
  感謝と喜び
  悲しみを迎え入れる
  イエスの喜び

(パート4)「臨在と不在」
神の臨在と神の不在の間で
聖餐式における神の臨在と不在
神の不在における臨在

第四回「憐れみ、共同体、宣教とは、人生を祝う」(11/16-17)
一日目
(パート1)ー「憐れみ(コンパッション)とは」
  憐れみとは何か
  憐れみへの道
  憐れみという賜物

(パート2)ー「 共同体(コミュニティ)」
  憐れみと共同体
  共同体を育む
  教会というコミュニティ

二日目
(パート3)ー「宣教とは」
  コンパッションから宣教へ
  イエスの宣教スタイル
  共同体としての宣教

(パート4)ー「人生を祝う」
  祝うことへの招き
  祝うことがもつ逆説
  小さなことを祝う
関連記事
カテゴリ :ヘンリ・ナウエン トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。