バーバー作曲「弦楽のためのアダージョ」を教会音楽に編曲「アニュス・デイ」

 2017-07-14
 あまりに美しいので人に教えたくない曲。映画『プラトーン』で使われて有名になりました。
 この動画は20年くらい前の記録らしいですが、ていねいに歌われ、聴き入ってしまいます。
この局が有名になったのは、故ケネディ大統領の葬儀で演奏されたことによりますが、作曲者は元々は葬儀のために作曲したわけでないのに、と言ったとか。
  世界の紛争地を想って「平和を」と、祈りに誘われます。


  神の子羊(アニュス・デイ)

Agnus Dei,    qui   tollis           peccata mundi:

子羊  神の      主よ 除きたもう    罪を 世の 

(神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、)


  miserere          nois.

あわれみたまえ    われらを 

(我らをあわれみたまえ。)

Agnus Dei,    qui  tollis      peccata mondi:

子羊  神の    主よ 除きたもう     罪を   世の 

(神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、)


dona     nobis    pacem.

与えたまえ  われらに   平安を
(我らに平和を与えたまえ) 





より新しい録音の演奏です。








関連記事
カテゴリ :心を潤す音楽 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫