FC2ブログ

ユニークな業界紙登場『Ministry』

 2009-04-15
 前から楽しみにしていた新企画雑誌『Ministry』(キリスト新聞社 本体1500円 季刊)が、10日発売になりました。

横断的執筆陣
 思い切ったことをしましたね~。
 まず執筆陣が面白い。日本のプロテスタントを横断的に人材登用しています。このような企画は戦後初めてではないでしょうか。(よく知りませんが。)

 キリスト新聞社というと、戦前からあるプロテスタント教会をバックに、歴史のある団体です。戦前からの日本キリスト教団系の人材で固めて当然なのに、戦後復興した福音派プロテスタンタント(現在、勢力では世界と日本の主流派)の執筆者も大胆に採用。また非キリスト者の執筆者もいます。編集、制作でも福音派系の人材が協力している模様です。
 一時代前だったら考えられないこと。島国日本のキリスト教界の特殊事情のなか、旧世代(ドイツ神学派? -私の造語)が着々と新世代(英語神学派?)に代わっている兆候かもしれません。

 非キリスト者の執筆とは、「新来会者が行く ノンクリスチャン八木谷涼子の教会ウオッチ」の筆者です。日本のキリスト教について、ふつうの一市民の感覚から研究している方で、一般出版社から数冊の著作を発行。教会をあれこれ訪問して、「なんでこうなんだろう?」というような、普通人の感覚で調べたり、意見を発表している方です。

 私も彼女の『知って役立つ キリスト教研究』(新潮OH文庫)のファンで、資料としてよく拝見しています。巻末の資料のお役立ち資料も優れもの。文庫にあるイラストもご本人作のようで、秀逸なんです。内容もなかなか正確で、感心してしまいます。

 本誌面の「教会(ぎょうかい)用語ウオッチ」コーナーでは、「礼拝を守る(必ず出席するといいう意味)」が扱われていて、思わず爆笑していまいました(文庫版でも触れている)。私も教会に行くようになって、「なんで、『礼拝を守る』という言い方があるのだろう? 人にプレッシャーをかけるフレーズだな~」と奇妙に思っていました。英語のkeepの訳なんでしょうか?
 ただ、カトリック信者には通用しない言い方なんですって。知らなかった~。

 岡田明さんとみなみななみさんによるマンガも意欲的。現代の若者文化を鋭くとらえた活発なブログでの言論活動をしている水谷潔牧師による「ちょっと 危ない教会談義」も、ユーモアのセンスが炸裂して面白いです。

無神論は時代遅れ
 今号で、いちばん楽しみにしていたのは、

  対談「無神論の黄昏」
   森本あんり(17世紀ピューリタニズム研究家 ICU教授)×アリスター・マクグラス(ロンドン大学教授 世界的に有名な神学者)

 両者の対談は、内容がとても明晰で的を射たもので、挑発的無神論者
リチャード・ドーキンス(邦訳多数)についても言及しています。「なぜキリスト教なのか」という論点をめぐって、現代的なアプローチ。

 内容を詳細にここで扱うには長くなるので避けまが、マクグラス氏は、「無神論も一つの信仰です」「キリスト教は他宗教も含めて、世界を意味あるものとして理解させてくれる」「わたしは無神論からキリスト教徒になったが……仏教もイスラム教も……キリスト教に見出したような知的性格をもっていないように思った。(それらが)知的でないのではなく、わたしにとっては、キリスト教の光がいちばん明るかった」(内容のごく一部の要約。詳しくは本誌をお読みください)と、いろいろとヒントを与えてくれる意見が興味を引きました。この対談、願わくは10回くらいの連載にしてほしい。

 DVDが付属していて、「日本の説教者シリーズ」第一回は、加藤常昭牧師の説教、インタビューを見ることができます。

 現れては消えていく日本の正統派のキリスト教雑誌。今後、どういう内容で「次世代の教会をゲンキにする応援マガジン」(同誌キャッチフレーズ)となってくれるか、楽しみにしたいです。



関連記事
タグ :
コメント
「Ministry」読み応えありますね。キリスト教界をより客観的に描こうとする視点が心地よいようです。応援したくなる雑誌。5/18(月)午後6-8時、教文館9Fにて、創刊記念シンポジウムがあるそうですね。テーマは「教会の課題と出版の役割:雑誌に今何ができるか」。シンポジスト:今橋朗、加藤常昭、坂野慧吉、芳賀力、吉岡光人各師。非常に興味のある会です。申し込みは教文館キリスト教書部(xbooks@kyobunkwan.co.jp)まで,先着100名だそうです。
【2009/05/09 10:38】 | 大作 #79D/WHSg | [edit]
へえ、そんな企画があるのですか。メンバーも面白い。ほんと、「雑誌に何ができるでしょうね」。インターネットで個人が情報を発信できる時代です。
雑誌でしかできないことを、しっかりと考えてすることに尽きるでしょう。
今回の企画、行けたらいいなあ~。
【2009/05/09 23:30】 | amen-do #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://amendoblog.blog137.fc2.com/tb.php/265-9ed5382d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫